ご予約お問合せ:03-5674-8211

ストレスと顎関節症

ストレスから、日中無意識のうちに歯をくいしばったり、就寝中に歯ぎしりをしたりすることはありませんか。周囲の人に聞こえるくらいの歯ぎしりの方もいますが、聞こえなくともほとんどの方は大なり小なり歯ぎしりをしています。

それらが習慣的になると、あごの関節だけでなく周囲の頭、耳、首、肩、腰などに痛み、こり、しびれなどの症状が出ることがあります。これを顎関節症(がくかんせつしょう)と呼んでおり、最近日常臨床の中で多く見受けられるようになっています。

顎関節症の原因は、これらによる歯のすり減りや咬み癖などの悪習癖から、下あごが後方や左右にずれたりして咬み合わせが変化することによる場合が多いです。そして顎関節周囲の神経筋肉の活動がアンバランスになりいろいろな不定愁訴(ふていしゅうそ)を生じます。

マウスガード治療はまだ不明な部分が多く、マウスガード(マウスピースやスプリントとも言う)により試行錯誤しながら調整を繰り返し、患者さんの苦痛を取り除いていきます。実際には劇的に変化するケースとなかなか反応しないケースなど病態はさまざまで、年単位の治療期間を有するケースもあります。

病状があまり悪化しないうちに早めに歯科医院を受診されることをお勧めいたします。



------------------------------------------------------------------------------------------------

治療症例はこちら

Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ