ご予約お問合せ:03-5674-8211

腔内"唾液検査(口細菌検査)"

なかの歯科クリニックでは、「歯周病」や「う蝕」の予防と治療を進めるうえで重要な口腔内細菌検査を行っております。

自分の唾液を調べることで、歯周病や虫歯リスクの程度を知ることができます。

様々な情報を分析する事で、その結果からあなたオリジナルの歯周病治療プログラムや予防歯科プログラムの作成が可能となり、治療終了後の予防処置効果の検証など、あなたの歯を守る為の一歩進んだ歯科治療が可能となります。


細菌検査とは

「唾液を検査して何が分るの?」と思います。実は、非常に多くの大切な事が分かります。

歯周病原細菌検査

検査菌種は、歯周病に最も関連があると言われているレッドコンプレックス「P.gingivalis」「T.denticola」「T.forsythia」3菌種を含む、最大5菌種まで検査できます。

図01

う蝕関連細菌検査

「S.mutans」「S.sobrinus」「Lactobacillus」の3種類のう蝕関連細菌を測定。特にその存在がカリエスリスクの増大に大きく影響すると言われている「S.sobrinus」を同時に測定・報告します。

図02

詳しく、わかりやすい検査報告書

● 歯周病原細菌 検査報告書

検査報告書01


● う蝕関連細菌 検査報告書

報告書02

Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ