ご予約お問合せ:03-5674-8211

小児歯科

長寿社会となった今、長い人生を健康で豊かに過ごす為には、歯が健全である事が重要な条件の一つになっています。

実は、健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週め位から乳歯はできはじめているからです。 そして、乳歯が顔をのぞかせるころには永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12~15歳くらいまでは、特に大切な時期です。

この時、お母さんがどのように歯を守り育てるかがお子さんの将来の生活に大きな影響を与えます。

輝く白い歯は大切なお子さんの財産です。お子さんが自分の力で自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。

当院の小児歯科治療

当院の小児歯科では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を、歯科医師の立場から支援していきます。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、「お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えております。

お子様が歯医者嫌いにならないように、小さい頃から歯科医院に慣れてもらえるようキッズルームも設けており、虫歯の無い時期からフッ素、シーラントなど予防処置に親しみ、仮に虫歯ができたとしても、スムーズに治療に入れるよう配慮しております。

キッズルームには毎週火曜日・金曜日の午前中は保育士がおります。お子様と楽しく遊んでくれますので、保護者の方にも安心して治療を受けて頂けます。どうぞご遠慮なくお子様が小さい頃からお母様と一緒にお連れ下さい。

キッズルームの様子はこちらから ⇒ キッズルーム

-----------------------------------------------------------------------------------------------

お子さんの歯について、何か疑問や不安がございましたらどうぞお気軽にご相談下さい。

小児歯科治療について、さらに詳しくはバナーをクリックして下さい。
(なかの歯科クリニック 監修:小児歯科専門サイトが、新しいウィンドウで開きます。)

小児歯科、子供の歯の治療について

Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ