ご予約お問合せ:03-5674-8211

診療科目

一般歯科

患者様が歯科医院に通院した際に受ける治療の大半が、一般歯科の範囲となります。一般歯科では、乳幼児からご高齢の方までの、虫歯、歯の根、歯周病等のお口に関する病気の治療や予防を行います。

>> 続きを読む

根管治療

歯の根の治療である根管治療(歯内療法とも呼ばれます)は、歯髄が炎症や感染を起こし た時に必要になります。米国式根管治療とは簡単に言うと、米国を筆頭に世界中で行われているスタンダードな根の治療方法です。

>> 続きを読む

小児歯科

小児歯科では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を、歯科医師の立場から支援していきます。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、「お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えております。

>> 続きを読む

矯正歯科

歯並びは、噛みあわせ(食物を噛み切、砕き、消化を助ける等)と審美(対人関係、発音、コンプレックス等)に大きく影響します。つまり、歯の正常な咀嚼機能を取り戻し健全な身体と心をつくる為の治療が、矯正歯科治療なのです。

>> 続きを読む

審美歯科

審美歯科とは、単に見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではありません。きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的としています。

>> 続きを読む

ホワイトニング

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、あなた自身の歯を白くする治療法です。先天的な変色や加齢的変色は、漂白(ホワイトニング)することでより白くなります。

>> 続きを読む

インプラント

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。インプラントは、「第2の永久歯」といわれるほど機能的にも見た目にも天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えてまいりました。人工歯根のインプラントは、ご自分の歯と変らぬ歯を取り戻せます。

>> 続きを読む

歯科用CT

CT画像では、高度歯科治療(インプラントや歯周病など)の診断に有効であり、従来の平面画像では難しいとされた骨幅の確認などが行えます。CT撮影で様々な角度から診断する事で、安全な診査・診断・治療計画に役立てます。

>> 続きを読む

レーザー治療

歯科用レーザーには、診断用レーザーと外科用レーザーがあります。外科用レーザーには、痛みが少なく従来の治療方法に比べ回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも効果あるといった大きな特徴が挙げられます。

>> 続きを読む

歯周病治療

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。

>> 続きを読む

予防歯科

これからの歯科は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、健康な状態を維持する事が重要であると考えています。欧米では、80%の方が3ヶ月に1回 歯科医院でのクリーニングを受けます。(日本は3%)

>> 続きを読む

唾液検査

「歯周病」や「う蝕」の予防と治療を進めるうえで重要な口腔内細菌検査=唾液検査を行う事により、歯周病や虫歯リスクの程度を知る事ができます。

>> 続きを読む

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)は製作物が大きく厚くなるため、異物感や発音障害に悩むケースによく遭遇します。入れ歯である以上やむを得ないことですが、できるだけすっきりとした義歯で食事がおいしくいただければ健康にも寄与することができます。

>> 続きを読む

ストレスと歯科治療(顎関節症)

ストレスから、日中無意識のうちに歯をくいしばったり、就寝中に歯ぎしりをしたりすることはありませんか。それらが習慣的になると、あごの関節だけでなく周囲の頭、耳、首、肩、腰などに痛み、こり、しびれなどの症状が出ることがあります。これを顎関節症(がくかんせつしょう)と呼んでおり、最近日常臨床の中で多く見受けられるようになっています。

>> 続きを読む



Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ