ご予約お問合せ:03-5674-8211

歯科用CT装置

当医院では被ばく線量の少ない歯科用CT装置を導入し、
安全なインプラント治療・歯周病治療を心がけています。

 ~ 歯科用CT装置 ~

従来の歯科用デジタルCT装置と比べ、エックス線の照射時間と撮影領域を必要最低限に抑えたレントゲンでCT撮影を行っております。ご安心して撮影して頂ける安全なCT装置です。


CTで診断する目的

CT画像では、高度歯科治療(インプラントや歯周病など)の診断に有効であり、従来の平面画像では難しいとされた骨幅の確認などが行えます。CT撮影で様々な角度から診断する事で、安全な診査・診断・治療計画に役立てます。

歯周病の診断

歯周病の診断
骨の状態が3次元で診断できます。

インプラント術前の診断

インプラント術前の診断
安全にインプラントを行う為には事前の情報が必要です。3D用ソフトウェアに統合されたインプラント計画モジュールを併用し、インプラント部位の総合的な評価と治療計画が行えます。

埋伏過剰歯

埋伏過剰歯
埋伏過剰歯は、多くの場合、従来のデンタルやパノラマ画像では視覚化する事が非常に困難です。しかしながら、3D画像にする事で過剰歯の存在と隣在歯との位置関係を容易に診断する事ができます。

顎顔面を総合的に評価

顎顔面を総合的に評価
視野の大きい撮影モードなら、治療を始めるに、顎顔面を総合的に評価できます。広範囲撮影モードは、複雑な矯正、インプラント計画に有効であり、顆頭、関節腔、そして周囲構造を分析する事ができます。

Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ