ご予約お問合せ:03-5674-8211
スライド3

なかの歯科院長ご挨拶

なかの歯科クリニックでは、患者さんの健康を守り育てる歯科診療を目指し、患者さんの利益となる歯科治療を心がけています。お子様が歯医者嫌いにならないように、小さい頃から歯科医院に慣れてもらえるようキッズルームも設けております。どうぞ、小さなお子様でもご遠慮なくお連れ下さい。
保育士もおりますので、お母様も安心してご自身の治療をお受け頂けます。

歯やお口の病気、歯科診療・治療については、分からない事やお悩みの事も多いと思います。
そのような時は、どうぞ遠慮なさらずお気軽にお問い合わせ下さい。

プロフィール

なかの歯科クリニック 院長  中野文明(治療責任者) 

昭和63年 新潟大学歯学部卒
昭和63年~平成5年、代々木歯科勤務
平成5年 なかの歯科クリニック開院
     現在に至る

【認定】
国際口腔インプラント学会 認定医
日本顎咬合学会 認定医
日本顕微鏡歯科学会 認定医
Roma Linda University Implant Certificate
Pennsylvania University Endodontics and Prosthodontics Certificate

【所属組織・団体】
日本歯科医師会
東京都歯科医師会
江戸川区歯科医師会
江戸川区歯科医師会前理事
都立紅葉川高校学校医
区立葛西中学校学校医
区立新田保育園園医

【所属学会・学術】
国際口腔インプラント学会
日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本歯周病学会
日本審美歯科学会
日本小児歯科学会
日本ヘルスケア歯科学会
スタディーグループ赤坂会
OSI Study Club
東京SJCD

【終了コース】
ヘルケア歯科研究会 予防治療コース
佐藤直志先生 歯周治療アドバンス5ヶ月コース
本多正明先生 咬合・補綴治療4ヶ月コース
寺西邦彦先生 包括的歯科治療ベーシック6ヶ月コース
       インプラント6ヶ月コース
       総義歯6ヶ月コース
       部分義歯コース
鈴木真名先生 マイクロスコープベーシックコース
岡口守雄先生 マイクロスコープ根管治療コース
三橋純先生  自費で行うコンポジットレジンコース
寺内吉継先生 自費で行う根管治療ベーシックコース
       自費で行う根管治療アドバンスコース
       根管内破折片ファイル除去コース
Alan Atlas先生(米国ペンシルバニア大学 保存修復科教授)
       Guideline for better dentistry from adhesion to zirconia コース
Jaime Lozada 先生(米国ロマリンダ大学 インプラント科教授)
       Loma Linda University認定Implant 4ヶ月コース
Mahmoud Torabinejad先生(米国ロマリンダ大学 歯内療法科教授)
       Endodontic Laboratory of MTA マスターコース
Chaniotis Antonis先生(ギリシャアテネ大学 歯内療法科元教授)
       Endodontic Laboratory of MTA マスターコース
Samuel Kratchman先生(米国ペンシルバニア大学 歯内療法科准教授)
   & Alan Atlas先生(米国ペンシルバニア大学 保存修復科教授) 
       Endodontic and Prosthodontics 4日間コース
Catalunya International University(スペイン)短期留学 
       Summer Seminar 2日間コース
Arnald Castellucci先生(イタリア、歯内療法学会会長)
       New Technology in Endodontics コース
Louis Berman先生(米国メリーランド大学、歯内療法科臨床教授)
       Comprehensive Endodontic コース
George Bogen先生(米国ロサンゼルス開業、小児歯科専門医、歯内療法専門医)
       Clinical Applications of Mineral Trioxide Aggregateコース


2015年 Loma Linda University Implant 4 month course にて    
Jaime Lozada 先生  米国ロマリンダ大学 インプラント科教授

 


なかの歯科クリニック 院長 中野文明2003年 インプラントコースにて。
写真右:寺西邦彦先生 (港区赤坂開業)
(日本顎咬合学会指導医、SJCD International 常任理事
 スタディーグループ赤坂会顧問)
写真左:Lars Kristerson 先生
スウェーデンルンド大学インプラント科元教授



2014年インプラント国際学会で「最優秀ポスター発表賞」を受賞。

2014年インプラント国際学会 2014年インプラント国際学会2
2014年インプラント国際学会3 サティフィケート


2014年 Alan Atlas先生(米国ペンシルバニア大学  保存修復科臨床教授)
Guideline for better dentistry from adhesion to zirconia コースにて

2014年  Guideline for better dentistry from adhesion to zirconia コース サテフィケート


2015年 Mahmoud Torabinejad先生(米国ロマリンダ大学 歯内療法科教授)
Endodontic Laboratory of MTA マスターコースにて

Mahmoud Torabinejad先生 サテフィケート


2015年 Chaniotis Antonis先生(ギリシャアテネ大学 歯内療法科元教授)
Endodontic Laboratory of MTA マスターコースにて

Chaniotis Antonis先生 サテフィケート


2015年 Samuel Kratchman先生(米国ペンシルバニア大学 歯内療法科准教授)
&Alan Atlas先生(米国ペンシルバニア大学 保存修復科教授)
Endodontic and Prosthodontics 4日間コースにて

Samuel Kratchman先生&Alan Atlas先生 サテフィケート


2016年 Arnald Castellucci先生(イタリア、歯内療法学会会長)
New Technology in Endodontics コース

Arnald Castellucci先生 サテフィケート


2016年 Louis Berman先生(米国メリーランド大学、歯内療法科臨床教授)
Comprehensive Endodontic コース

Louis Berman先生 サテフィケート


2016年 George Bogen先生(米国ロサンゼルス開業、小児歯科専門医、歯内療法専門医)
Clinical Applications of Mineral Trioxide Aggregateコース

George Bogen先生 サテフィケート


保険診療とは?

下の表のように、日本の保険歯科治療費は、先進国の1/10、発展途上国の1/5の費用に設定されています。したがって日本の歯科医は、その費用に見合った程度である1/10の精度、材料、古い技術で診療を行っています。これに対し自費治療では、歯科医の経験、最新の技術、材料、設備投資に見合った費用を設定し、世界標準の治療で行っています。

では、どうやって保険治療を上手に使っていくか?
お勧めはなんといっても3~6ヶ月に1回の定期健診に使う事です。問題がなければクリーニングで済み、年に1万円程度のメンテナンス費でお口の健康が維持できます。

もし放置してしまったことで大きな治療になってしまうと何万円単位で治療がかさんでしまいます。また、C1程度の小さい虫歯治療、歯垢歯石のクリーニング、状態が悪く長持ちしそうにない歯の治療、対症療法的な暫間的治療、経済的理由で治療費をかけられない場合など、これらも保険治療を有用に活用する方法です。

国際比較

料金比較

Topへ戻る

銀歯を気にしない日本人

世界のどの国を見渡しても、お口の中に銀歯が入っている国民は日本人しかいません。
欧米人の笑い話ですが、「日本人、中国人、韓国人を見分ける方法知ってる? 口の中に銀歯があればそれが日本人だよ」と。中国、韓国、東南アジアの人々でさえも銀歯は入れず、元の歯のような白く自然なつめ物かぶせ物の治療をします。世界中の常識として、会話をしている時に銀歯がちらちら見えることはとても不自然で恥ずかしこと、社会的にも経済的にも貧困であると考えられています。

ではなぜ日本人だけが? 日本の歯科保険制度の弊害です。虫歯はとりあえず安い銀合金で精度も強度も生体為害性もそして色も気にしないで適当につめたりかぶせておけばいいでしょうと軽んじられているからです。日本国民のほとんどの方は、自分たちが世界ではありえない貧困な治療をされていることを知りませんし、日本人特有の同等意識で、「みんなが銀歯が入っているから私も銀歯でいいわ」と安堵しています。

しかし、おそらく世界の常識を見て知ったら初めて、自分たちの置かれている歯科的状況に気づき、世界から日本人がどう思われているかいたたまれない気持ちになると思います。世界では、セラミック、ジルコニア、ハイブリッド、プラスティック、金合金で治療するのがスタンダードなのです。

当院では、マイクロスコープ(顕微鏡)を用いて精密な治療を行っています。
治療の成否はいかに精度よく歯を削り、精度よく型を取り、精度よくつめたりかぶせたりできるかどうかで決まります。そのために視野を5倍10倍に拡大して歯を削り、歯肉を2重圧排コードで開き境界ラインを明瞭にし、シリコンラバー印象材で型を取り、セラミックなど良い材料で歯を作り、そしてお口にセットすることが重要になります。

そして治療後はその歯が長持ちするように、定期的にチェックと、歯垢や歯石のクリーニングを受け、お口の中の細菌(バクテリア)を取り除いて衛生的な状態を保つことがとても大切です。
美味しく食事ができ、人前でも笑顔が絶えない、健やかな人生を過ごしたいですね。

詳しくは、担当歯科医師、歯科衛生士、受付にご相談ください。

Topへ戻る

お問い合わせページへ アクセスのページへ