ご予約お問合せ:03-5674-8211
アロマテラピーと医療

アロマテラピーと医療

雑誌などで、アロマセラピーという言葉をよく目にしませんか?
アロマセラピーは、フランス・イギリスで生まれ歴史があります。最近日本でも、結構とりあげられることが多くなってきました。

なかなか奥が深くひとことで説明できないのですが、あえて簡単に言えば植物の香りを嗅ぎ、植物の持つ本来の力(作用)に助けてもらいリラックスリフレッシュ効果を得ようというところでしょうか。

身近なところでは、入浴剤やトイレの消臭剤にも香りはついていますよね。
アロマセラピーでは、それらが人工的な香りであるのに対し100%植物から採取したエッセンシャルオイル(精油)を使います。

待合室で

当医院では待合室では主に柑橘系のエッセンシャルオイルを使い皆様がリラックスできるよう心がけています。

柑橘系の香りはヨーロッパでは気分を明るくしてくれる効果があると研究されています。オレンジの皮をむいたときのすがすがしい香りを思い浮かべてみてください。香りは薬ほどの効果はありませんが、リラックスによりストレス解消に役立ち、皆様が心地よく診察室に入っていけたらと願っています。

アロマセラピー豆知識

香りはそれぞれ人により好き嫌いがあります。何より好きな香りを見つけることが大切です。また、先にあげたようにエッセンシャルオイルは薬ではないので著しい効果はありませんが、植物本来の作用を楽しむことができます。

血液の循環を促し、頭脳明晰化作用があります。
さわやかなすっきりとした香りは殺菌作用があり花粉症にも。
優れた鎮静作用があり、眠れない夜に。


他にもいろいろな香り、作用をもつエッセンシャルオイルがたくさんあります。 生活のスパイスとして使ってみるのも楽しいですよ。

Topへ戻る

メールでのお問い合わせ 医院案内・アクセス